メインビジュアルが表示されます

お知らせ

※さわると、チラ見できます

よいたあやしいまっぷ

与板の街に潜む「あやしいモノ」たちを集めた地図絵巻です。ちょっとフシギで温かい、そんな与板の魅力を発見してみてね。『あやしい図鑑』付き。

※さわると、チラ見できます

よいたかわいいまっぷ

この地図は与板のかわいいものを集めてつくられたマップです。「かわいい」という視点で、与板をもっと知ってほしいいう思いから手紙をモチーフに制作しました。この地図を手にとって町を歩く楽しみやかわいいものを見つけたときの喜びを感じてもらえたらうれしいです。

「ヨイタタンサケイカク」とは

長岡造形大学北研究室と与板有志とで2019年から進めている、新潟県長岡市与板町における街歩きと地図づくりのプロジェクトです。フィールドワークやワークショップを通して、与板に住んでいる人も気づいていないような視点で与板の街の魅力を発掘。思わず与板を訪れたくなる、歩きたくなるような楽しい地図を制作しています。

地図の制作プロセス

各プロセスをクリックすると、詳細がご覧いただけます。

→の画像 →の画像 →の画像

配布場所

掲載情報

▽メディア

▽論文

少しまじめな解説

私たち長岡造形大学 建築・環境デザイン学科 北研究室では、「都市の様相」の研究を行なっています。都市の様相とは、人が街を歩いたり、普段暮らしたりしながら何となくつかみ取っている、街の全体像のこと。建物や自然、人、音やにおい、曖昧な雰囲気などが一体となって、私たちの街のイメージをつくっています。「ヨイタタンサケイカク」は、与板という街の一側面を切り取った地図を何種類もつくり、それを重ね合わせることで、与板の街の様相を多角的に浮かび上がらせるプロジェクトです。
また、学生や街の皆さんと一緒にフィールドワークを行なうことを通じて新しい地図を制作する、デザインの方法論も探究しています。従来の観光地図では、地図制作者の目線のみによって、名所やグルメスポットだけが紹介されてきました。このプロジェクトでは、多くの人の「集合知」により、名所と名所の「あいだ」も含めた街の姿を捉えた地図をつくります。これまでの観光地図にとは違った、新しい街歩き体験をもたらす地図になればと考えています。

長岡造形大学 建築・環境デザイン学科 助教 北 雄介

問い合わせ先

長岡造形大学 北研究室 ヨイタタンサケイカク

メールアドレス yoitamap@gmail.com